HIV感染症薬物療法認定薬剤師

HIV感染症薬物療法認定薬剤師

薬剤師認定制度というものは、医学や薬学の高度化や専門化に伴って、特定の医療分野などにおいての高度な知識やスキルと経験を持つ薬剤師を認定するという制度のことです。いろいろな医療の分野において認定薬剤師はいて、現在では1万人ほどの薬剤師が各種認定制度によって認定を受けて、いろいろな医療の分野において活躍しているのです。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師とは、HIV感染症薬物療法においての高度な知識や技術や経験を持っていると認定された薬剤師ということになるのです。認定薬剤師制度では薬剤師の生涯研修の一環として、多くの決められた団体が一定の研修実績の中認定証を与えているのですが、 HIV感染症薬物療法認定薬剤師は日本病院薬剤師会によって認定された認定薬剤師ということになるのです。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師の認定を受けるためには、もちろん HIV感染症薬物療法についての知識を十分に持っていなければいけませんが、その他にもいろいろな決められた条件があるのです。

HIV感染症薬物療法認定薬剤師に認定されるためには日本で薬剤師の免許を持っていて、薬剤師としての優れた見識を持っていることが第一条件です。そうでない人はHIV感染症薬物療法認定薬剤師としての資格は最初からないことになっているのです。さらにHIV感染症薬物療法認定薬剤師になるためには、薬剤師としての実務経験が5年以上なくてはいけなくて、日本病院薬剤師会か日本薬剤師会の会員で、かつ別に定めるいずれかの会員でなければいけないのです。そして日本病院薬剤師会生涯研修履修薬剤師などによって認定された生涯研修制度による認定薬剤師か、日本臨床薬理学会認定薬剤師でなくてはいけないのです。

その他にも申請時には病院や診療所や保険薬局で働いていて、HIV感染症患者の指導に3年以上従事していることも必要となっているのです。さらに日本病院薬剤師会が認定している研修施設で、HIV感染関連の実技研修を16時間以上履修しているか、もしくは研修施設において3年以上HIV感染症患者に対する指導に従事していることが必要になっているのです。

その他にも日本病院薬剤師会が認定する講習会などを決められた時間履修していることや、HIV感染症患者に対する指導実績が30症以上あるということ、そして病院長か施設長の推薦があって、日本病院薬剤師会が行うHIV感染症薬物療法認定薬剤師認定試験に合格することで、ようやくHIV感染症薬物療法認定薬剤師に認定される資格を持つことができるようになっているのです。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験