がん薬物療法認定薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師というのは、がん専門薬剤師認定制度に伴ってがん薬物療法認定薬剤師として認定された薬剤師のことを言いますが、がん薬物療法認定薬剤師とはもちろんがん薬物療法に精通した薬剤師でなくてはいけないのです。したがって、がん薬物療法認定薬剤師になるためには、がん薬物療法に関しての知識を、がんの専門医やがん専門の看護師と同じかそれ以上のレベルで持っていることが要求されることになるのです。

医師と同じレベルで知識を持つのががん薬物療法認定薬剤師ですから、がん薬物療法認定薬剤師を目指す薬剤師の方は、常に学ぶことを怠らない人であり、高度な知識を持ってこの先新しい知識を高めていく努力を惜しまないということを覚悟しなくてはいけないことになるのです。

がん薬物療法認定薬剤師になると、医師にも看護師にも抗がん剤の最新の情報を与え続けていくことが必要になるのです。そのためには常に新しい情報を日本だけではなく、世界にも視野を向けて情報を収集するという作業も必要になり、もちろん薬に対しての副作用などの管理などもできるということが必要になるのです。さらにいろいろあるがんに対しての薬物療法の知識を持つことが大切で、さらにカウンセリング技術なども必要になるのです。このようにがん薬物療法認定薬剤師になるには相当な高いハードルがあって、そのためがん薬物療法認定薬剤師に認定されるためにも厳しい条件がいろいろ定められているのです。

がん薬物療法認定薬剤師になるための条件を紹介すると、がん薬物療法認定薬剤師になるためには薬剤師の免許を持っていることが前提になり、薬剤師としての優れた見識を持っていることが必要になります。さらに5年以上の薬剤師としての経歴が必要で、日本病院薬剤師会か日本薬剤師会、日本医療薬学会、日本薬学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会のどちらかの会員でなくてはいけないという条件もあるのです。

さらに申請時においては、引き続き3年以上、日本医療薬学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会の中のどちらかの認定する施設でがん薬物療法に従事していることが必要になるのです。さらに認定の対象となる講習を決められた短期以上を履修していることや、日本医療薬学会、日本癌治療学会、日本薬学会、日本臨床腫瘍学会の各年会、日本薬剤師会学術大会、もしくは関連する国際学会や全国レベルの学会で、がん領域に関しての学会発表が3回以上あるなど、その他にも決められた条件を全てクリアしている必要があるのです。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験