認定実務実習指導薬剤師

認定実務実習指導薬剤師

認定実務実習指導薬剤師というのは、日本薬剤師研修センターが、厚生労働省補助事業として2005年から養成研修事業として実施されているもので、薬学部の6年制に共なって必修化された長期の薬局病院実務実習に対応するために作られた認定制度のことなのです。

薬学部の6年生というのは、薬学の今までの以上の複雑化を受けて、今までは大学で4年学べば薬剤師の免許を取得する資格が与えられていたものが、6年間学ばなければいけなくなったものなのですが、認定実務実習指導薬剤師というのは、簡単に言えば薬剤師の先生と言うことで、薬剤師の卵である薬学部の学生に適正な実務実習を指導するのが認定実務実習指導薬剤師ということになるのです。

認定実務実習指導薬剤師に認定してもらうためにはいろいろな条件があって、例えば薬剤師としての実務経験が5年以上は無いといけないということや、日本薬剤師研修センターによる決められた研修を受けて、その受講証明書を取得することなどがあるのです。しかしこの研修に関しては、今までの実務経験によっては、研修を一部免除にしてもらえる場合もあるので覚えておくといいでしょう。

認定実務実習指導薬剤師の認定を受けたと言う薬剤師の人達は既に全国で1万人以上になっていると言われていて、これからもどんどん増えていくことが予想されているのです。認定実務実習指導薬剤師になる薬剤師の人達に求められていることは、認定実務実習指導薬剤師とは、これから同じ薬剤師となる人達への養成を任せられるということになるので、一所懸命これからの薬剤師を育てるという薬剤師の将来に関わるということを頭に置いて、熱意を持って指導することができる人ということになるのです。

さらに認定実務実習指導薬剤師の認定を受けるということは、ただ単にこれからの薬剤師達を教育して指導するということだけではなく、いろいろな研修を受けたりすることによって、現役薬剤師としての自分自身の知識を高めることにもなり、さらに薬剤師としてのスキルアップにもつながるということになるのです。

認定実務実習指導薬剤師として学生に指導するべきことも、認定実務実習指導薬剤師としても必要なことになりますが、薬剤師というのはただ薬を調剤していればいいという仕事ではなく、薬剤師としての仕事には自分で調剤した薬の説明や、それぞれの患者さんに合った服用指導をしなくてはいけないのです。さらに薬剤師の卵達に指導するためには薬の知識や技術に優れているだけではだめで、きちんとしたコミュニケーション能力も必要になるということも忘れないようにして下さい。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験