漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬を服用している人も多いと思いますが、漢方薬というのは複数の生薬から構成されていて、1つの漢方薬でも複数の病気の症状に効果を出してくれるという効果を持っているものなのです。さらに同じ病気の症状でも、異なる漢方薬が使用されることもあって、そのために漢方薬とは医薬品とは異なり、そこから得られる効果も条件も安定していないのです。したがって漢方薬から最も大きい効果を得るためには、経験に基づいた漢方薬の専門的な知識が必要になるのです。

最近では医療の現場において漢方薬が利用されるケースがどんどん増えてきていて、さらにこの先も漢方を利用するケースがどんどん増えていくことが予想されているのです。そこで必要になるのが漢方薬・生薬認定薬剤師で、漢方薬・生薬認定薬剤師というのは、漢方薬と生薬の関しての専門的な知識を修得していて、決められたレベル以上の能力と適正を備えている薬剤師として認定された薬剤師のことなのです。漢方薬・生薬認定薬剤師になると、医療現場においてより専門的で実用的な情報の提供と服薬指導が可能になるのです。

漢方薬・生薬認定薬剤師が仕事をする主な場所とは、医療現場の他にも、漢方の専門薬局や漢方薬・生薬系の製薬会社や卸会社などになり、漢方薬・生薬認定薬剤師の仕事の内容は、漢方薬・生薬の服用指導の他にも、処方せんに基づく漢方薬の調剤や、生薬の煎じをする業務などとなっているのです。

漢方薬・生薬認定薬剤師というのは日本薬剤師研修センターという財団法人が制定した認定資格で、平成13年から実施された制度であり、今までに2000人以上が漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取っているのです。

漢方薬・生薬認定薬剤師の認定を受けるためには、日本で薬剤師の免許を持っていることが前提となり、日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する研修を受けて、試問に合格しなければいけません。漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を得るための研修は、漢方薬・生薬研修会として実施されていて、その内容は9回の座学と1回の薬用植物園実習となっています。それにより合格した人達は、認定申請を1ヶ月以内に提出して、さらに漢方薬・生薬認定薬剤師としての認定を受けた後にも、3年ごとに更新が必要になるのです。漢方薬・生薬認定薬剤師としての更新は3年間の間に漢方・生薬に関する研修を行って、決められた30単位以上を取得することが必要になるのです。それにより、漢方薬・生薬認定薬剤師としての資格を維持できることになるのです。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験