感染制御認定薬剤師とは

感染制御認定薬剤師とは

感染制御認定薬剤師とは、日本病院薬剤師会が認定する認定薬剤師の中の一つで、感染制御を専門とした資格をさします。ただ研修を受ける認定とは違い、実務経験や試験合格が資格取得の条件となります。感染制御認定薬剤師の資格を取れば、感染制御専門薬剤師の試験を受ける事ができます。感染制御専門薬剤師とは、病院などの医療機関の中で起こる感染症の治療や予防をする専門の薬剤師です。ただ単独で仕事をするのではなく、感染制御のチームが病院で作られている場合には、そこで他の専門医と共に感染症の制御をする役割をします。制御には薬での消毒薬や抗生物質など多くの効果が見られますが、薬の種類や組み合わせ多くかなりの知識が必要です。そのための専門の知識がある人が必要になります。

その専門薬剤師になる過程に感染制御認定薬剤師があります。一般の薬剤師よりも専門的知識がある事は大きいことです。薬剤師という仕事の幅を広げたい、一つの専門分野を極めたい、そういった人たちには是非受けて欲しい資格です。今は医療チームなどが少ない事から活躍している姿はなかなか見られないですが、これから感染制御はたくさんの病院でチームをあげていく医療の一つです。今後医療関係で仕事をしたい薬剤師の人は、他の認定薬剤師同様、取得を考えてもいいかもしれません。

今現在は感染制御認定薬剤師の数は増えてきています。平成21年には253名以上が認定を受けています。この資格を得るためには一般の認定薬剤師の資格を取得しなければなりません。その資格を持っている上で、試験を受ける事ができます。専門薬剤師の試験よりは難易度が低いと言われていますが、それでも薬剤師で勉強した以上の勉強をしないといけないくらいの難易度だと言われています。まさに専門分野を追求する資格と言えます。感染制御認定薬剤師を申請するのには、薬剤師としての実務経験を5年以上あり、日本薬剤師会あるいは日本医療薬学会認定薬剤師である事が申請資格にあります。また勤めている病院の推薦がいる場合があります。その資格が揃っている人が試験を受験します。その試験に合格して認定申請し、受理されれば晴れて資格取得となります。試験は一年に一回執り行われます。試験問題の出題範囲も出されて、内容がよくわかるので、実際に業務に近い仕事をしている人は勉強しやすいかもしれません。また資格取得した場合でも更新が必要になります。常に勉強し続け、制御の専門家でいる必要があります。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験