緩和薬物療法認定薬剤師

緩和薬物療法認定薬剤師

最近では、細分化されたそれぞれの医療の分野の中で高度な知識と技術と経験を持った薬剤師の活躍が目立ってきていて、それに応じていろいろな分野で認定薬剤師が資格を得て、専門化として医療現場など必要とされる場所で活躍してきているのです。認定薬剤師の1つとして緩和薬物療法認定薬剤師というものがあって、緩和薬物療法認定薬剤師とは主にがん治療のおける緩和ケアチームに加わって、医師などと連携することを専門的に行うという薬剤師なのです。

緩和医療は日本緩和医療学会の活動を基盤としてどんどん広がっていいて、緩和ケアチームが動いている施設も最近では少しずつ増えてきているのです。それに伴い薬剤師の中でも緩和ケアに対しての関心がかなり高まってきているのです。

緩和ケアというのは主にホスピスや緩和ケア病棟などで行われていて、まだまだ緩和ケアは十分ではないのですが、そのために多くの患者さんが一般病棟や自宅で緩和ケアを受けなければいけなくて、薬剤師も緩和ケアチームの一員として働く需要がどんどん高まり、緩和薬物療法認定薬剤師とはそれが原因となって誕生されたものなのです。

緩和薬物療法認定薬剤師の仕事としては、専門的な技術と注意が必要な医薬品の服用指導と支援があるのです。特に在宅の緩和ケアの中では、モルヒネなどの医療用の麻薬や鎮痛剤などの利用が不可欠で、そのためには薬剤師がかなり重要な役割をしなければいけなくなるのです。さらに緩和薬物療法認定薬剤師は、病院薬局や保険薬局や大学などの連携と、緩和薬物療法認定薬剤師の医師や看護師に与える医療情報や、治療上の支援に大いに期待されてきているのです。

まだまだ緩和薬物療法認定薬剤師の制度ははじまったばかりで、全国的に見ても緩和薬物療法認定薬剤師の数は少ない状況となっているのですが、今後は緩和薬物療法認定薬剤師への受験者や認定者をどんどん増やしていくための環境整備をしていっているところで、日本緩和医療学会では、教育研修制度などを整備しているところなのです。

緩和薬物療法認定薬剤師の資格を得るためには、日本緩和医療薬学会が実施する認定試験に合格する必要があって、試験を受けるためには薬剤師としての実務実績が5年以上あって、緩和ケアチームか緩和ケア病棟で3年以上従事している実績や、認定の対象になる講習で、決められた単位以上を履修していなければいけないなどの複数の条件が必要で、緩和薬物療法認定薬剤師になるためにはかなり難しいということが言えるのです。したがって、緩和薬物療法認定薬剤師はかなり専門性の高い重要な仕事だということが言えるのです。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験