抗菌化学療法認定薬剤師

抗菌化学療法認定薬剤師

抗菌化学療法認定薬剤師というのは、日本化学療法学会が2008年にはじめた、抗菌化学療法認定薬剤師制度によって認定を受けた薬剤師のことなのです。抗菌化学療法認定薬剤師として認定されるということは、抗菌化学療法に関しての詳しい知識と技術を身に付けた薬剤師ということになるのです。

抗菌化学療法認定薬剤師制度の目的は、抗菌化学療法の知識と経験に優れていて、それを実践することができる優秀な薬剤師を育成することとなっているのです。抗菌化学療法認定薬剤師の認定を受けるためにはいろいろな条件があって、その条件とは、もちろん薬剤師の免許を持っている人が対象となっていて、日本化学療法学会が認定する施設や関連施設で5年以上の研修を行っていることや、日本化学療法学会の正会員であることが求められるのです。その他にも処方設計支援を含む感染症患者の治療に参加していて、25以上の症例を報告できることも条件としてあるのです。さらに日本化学療法学会の指定する研修で定められた60単位以上を履修していることなどが条件となっているので、薬剤師であれば誰でも簡単に認定されるというものではないのです。

今では感染症治療が非常に困難になっていて、それは社会的な問題にもなっているのです。この問題は抗菌薬が出てきてから常に続いている問題でもあり、耐性菌の発現の防止には院内感染対策と抗菌薬の適正な使用が重要となっているのです。近年では医薬の分業化が進んだこともあって、臨床薬剤師の医療現場での発言が重視されるようになっているのです。抗菌薬を適正に使用するためには、医師だけではなくて、薬剤師はもちろん看護師などの全ての医療従事者が連携することが欠かせないこととなっているのです。そこで抗菌化学療法認定薬剤師は、院内感染対策において主導的な立場を担って、全てのスタッフとの連携の中心として適切な情報提供を行うことが求められるのです。

抗菌化学療法認定薬剤師というのは抗菌化学療法に特化した資格ということで、抗菌化学療法認定薬剤師の領域とは、TDMや抗菌薬の届出や許可制などに関して医師への発現力を強めるという目的があるのです。

抗菌化学療法認定薬剤師がこれからどんどん育成されていって、薬剤師が抗菌薬の届出や許可制などに関して医師に対する発言力を強めていくということは、薬剤師だけの向上ではなく、日本の医療全体の質を上げることにも十分につながっていくことが期待されているのです。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験