救急認定薬剤師

救急認定薬剤師

救急薬剤師とは、救急医療の現場において高度な知識や技術などを備えている薬剤師を養成するために生まれた新制度のことなのです。現在救急医療の現場の状況は多くの人もご存知の通りに、都市部などでは救急車による搬送のたらい回しなどが起こっていて、これからどんどん進んでいく高齢化社会においては、このような現象はこのままではどんどん増えていくことが予想されているのです。

最近では薬剤師がチーム医療に参加するケースも増えていて、救急センターやICUで活躍する薬剤師も多く見られるようになってきているのです。救急医療の現場では、医師を筆頭として人手不足が続いていて、救急医療の現場では特に多くの職種が参加するチーム医療の実践が求められている状況にあるのです。そのため薬剤師のチーム医療の多く参加するようになっていて、そこで働く薬剤師の業務の標準化と質の向上を支援するために認定薬剤師制度が作られたのです。

現在では専門的な薬剤師の分野もどんどん進んできていて、広い分野に渡って認定薬剤師や専門薬剤師が誕生しているのです。そこに近年加わったのが救急認定薬剤師で、医療の高度化とチーム医療の実践を経て、救急の専門家である救急認定薬剤師が求められることとなったのです。救急認定薬剤師の制度の発足により、救急医療やICUなどの集中治療領域で業務を行う薬剤師が増えて、チーム医療がこの先どんどん活性化することが現在は強く望まれているのです。

救急認定薬剤師になるためにはいろいろな条件を満たす必要があって、第一に救急認定さ薬剤師になるためには、薬剤師の免許を持っていて、薬剤師としての優れた見識と、救急治療における薬物療法に関する見識を持っていなければいけないのです。その他にも、薬剤師としての実務経験を5年以上持っていて、さらに救急治療での薬物療法に2年以上従事していなくてはいけません。そして日本臨床救急医学会の正会員であって、会員歴が2年以上あることが必要になるのです。

その他にも医療機関で救急治療における薬物療法に関する業務を通じて、患者さんの治療に自ら参加した25例以上の症例を報告できなくてはいけないのです。さらに研修委員会が指定する学術集会や研究発表において、決められた単位を履修していることなど、その他にもいくつかの決められた条件を満たしていなければ救急認定薬剤師としては認められないこととなっていて、救急認定薬剤師になるためには薬剤師としての経験や知識と救急医療の対しての経験と知識も必要となるのです。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験