認定薬剤師のメリット

認定薬剤師のメリット

認定薬剤師に認定されると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここは意見の分かれるところです。実際に研修や研鑽という質的なことは別として、大多数の薬剤師が認定薬剤師に認定されてしまうと、認定されることの意味がなってしまう可能性もあるでしょう。

認定薬剤師になると日本薬剤師研修センターで名前が公表されるというメリットはあるようです。逆に考えると名前を公表されていないことは、研修、研鑽を積んでいない薬剤師だということを明確にすることにもなります。つまり、勉強しない薬剤師のあぶり出し的効果はあるかもしれません。

では薬剤師手帳を購入して申請料を払い、講習を受けて費用の総額はどのくらいになるのでしょう。

今のところ、薬剤師の免許は永久ライセンスです。薬剤に関して独占業務とも言える薬剤師なら、生涯を通じて研修、研鑽に努力する義務を負っているとも考えられるでしょう。また、向上心のある薬剤師にとって、研修、研鑽の場を用意されることは、とても有益なシステムだといえます。

最近では、異業種の国家資格においても、研修、研鑽のシステムが作られています。今や、生涯学習は時代の要請でもあります。医療技術も高度になり、新しい医薬品も開発され、患者の意識も変化している時代の中で、何も研鑽しないと、どんどん遅れていくことだけは間違いないでしょう。

悲しいかな、人間は動機がなければ行動できない習性を持っています。そうすると、生涯研修、研鑽の動機付けとして、認定制度を捉えていくことが、真の意味でのメリットであると考えても良いのではないでしょうか。

確かに運営組織としての問題は残るかもしれませんが、専門職意識に立って再考することが、今だから必要なのだと言えるのかもしれません。その点で特定領域認定薬剤師は、認定されるための条件が要求され認定取得も困難であることを考えると、さすがに認定の重みを感じます。

例えば日本病院薬剤師会が認定する感染制御認定薬剤師では、認定の条件として、5年以上の実務経験、20例以上の症例報告、20時間以上の講習、認定試験に合格しているか等々、非常にハードルが高いように思われます。さらに、専門薬剤師という認定もあります。

あらためて視野を広げてみると、医師は以前から、個別専門的領域学会で自分の専門性を磨いてきましたし、看護師も国際化を目指し、かつ、その専門性に力を入れています。薬剤師とて、例外ではないでしょう。時代の要請に耳を傾けてみるのも大事なことかもしれません。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験