プライマリケア認定薬剤師

プライマリケア認定薬剤師

プライマリケア認定薬剤師の制度は、2009年に認証されて正式に発足した、認定薬剤師の制度としてまだ新しい制度なのです。そもそもプライマリケアという言葉を知らない人も多いと思いますが、プライマリケアと言うのは、国民の健康や病気や福祉に対して、総合的で継続的な医療を実践するという概念であり、患者さんを1人の人間として総合的に診療して、必要性がある時には他の医療機関に紹介するなどもして、医療や福祉のチーム体制を重視するものなのです。

このようにプライマリケアとは、国民の健康福祉に関わる様々な問題を総合的に解決していこうとするもので、日本プライマリケア連合学会では、医師を筆頭に、看護師や薬剤師の他にも、介護職や福祉職の人達も参加して、いろいろな職種が同じ席に着いて一緒に考え活動するというものなのです。

現在の地域医療では、いろいろな職種との連携なしでは成り立たなくなってきていて、地域医療を実践する担い手として薬剤師が期待されていて、やりがいと生きがいを地域医療に求める薬剤師にとってはプライマリケア認定薬剤師になることはとても魅力的なことだと思います。

プライマリケア認定薬剤師制度は、医療系学会としてはじめて、薬剤師の認定制度についての第三者評機関である交易社団法人薬剤師認定制度認証機構によって、特定領域制度としての認証を受付ました。特定領域認定制度というのは、一般の薬剤師認定制度に比べて領域性と専門性が高くて、認定薬剤師制度のでも上位に位置するものなのです。 プライマリケア認定薬剤師の制度は、薬剤師の資質の向上とプライマリケアの発展を目的としているものなのです。

プライマリケア認定薬剤師になるためには、いろいろな条件を満たしていることが必要となり、まずは薬剤師として日本プライマリケア学会に研修開始の届出を出して、決められた各研修を受講して、4年以内に50単位以上を修得する必要があるのです。その他にもレポートを提出して試験に合格して、その上で審査を経て認定を受けることによりプライマリケア認定薬剤師になることができるのです。

プライマリケア認定薬剤師を継続するためには、3年ごとに認定資格は更新されるので、3年間に決められた30単位以上を修得するようにして、事例報告を提出しなくてはいけないのです。このようにプライマリケア認定薬剤師になるためには、数多くの条件を満たすことと、専門の知識をきちんと身に付けることが必要となるのです。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験