認定薬剤師の履歴書の書き方

認定薬剤師の履歴書の書き方

認定薬剤師が転職、または復職をする際の履歴書の書き方はとても重要です。せっかく認定薬剤師の資格を持っているのですから、最大限にこちらのスキルやモチベーションをアピールして採用はもちろん、採用後の高待遇も手に入れたいところです。では、認定薬剤師の履歴書はどのように書くのがよいのでしょうか。

まずはじめに、考え方として一般職の履歴書とは違うことを認識しましょう。一般職の場合、とにかくまずは採用してもらうことを第一に履歴書を作成します。しかし、薬剤師は国家資格保持者しかなれない職業ですし、人手不足であったりとにかく需要が高い職業です。しかも認定薬剤師となれば、単なる薬剤師よりも重宝されることは間違いありません。そうなると、採用されずに落ちる可能性はとても低いので、採用されるかどうかよりもこちらの経歴やスキルを最大限アピールすることが望ましいでしょう。

認定薬剤師が履歴書でアピールできる点のひとつは職務経歴書です。求人募集により職務経歴書が不要で履歴書のみの場合もありますので、そこは募集内容に合わせます。職務経歴書を記載する場合には、それまでにどこでどういった内容の仕事をしてきたかをしっかり書きましょう。認定薬剤師の場合は特にただの薬剤師とは違う専門的な業務や、責任ある業務を行っている経験があれば、それについても記載します。そうすることで、採用側も専門分野に特化した認定薬剤師や経験豊富な認定薬剤師の採用に積極的になります。また当然ですが、保持している資格の欄には認定薬剤師を記載しましょう。

次に重要なのは志望動機に関する記載です。履歴書の中で最も重要とも言えるこの志望動機は、応募先の職場で働きたい理由、そして採用後にどのような仕事をしたいかを明確に記載しましょう。もしも、IターンやUターン転職の場合には、なぜその地方での就職を希望するのかについての記載も重要ですが、一番大切なのはその職場を選んだ理由になります。ただ年収や待遇で選んだといった内容の記載はおすすめしません。事前にその職場について下調べをし、採用したいと思ってもらえる動機を記載します。

最後に、採用後の待遇や年収についての記載ですが、あまり多く希望を書かないことをおすすめします。そもそも求人募集内容にある程度条件は記載されていますので、いくら認定薬剤師の資格を持っているからといって、あれこれ希望を出しすぎるのは採用側への印象がよくありません。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験