精神科薬物療法認定薬剤師

精神科薬物療法認定薬剤師

薬剤師の中には認定薬剤師という資格を持っている人達が存在しているのです。認定薬剤師というのは、認定薬剤師制度によって認定を受けた薬剤師のことで、認定薬剤師制度というのは、医学と薬学の高度化と専門化に伴って、特定の医療分野などにおいて高度な知識や技量を持った薬剤師を認定する制度のことです。

認定薬剤師制度においては、薬剤師の生涯研修の一環として、一定の研修実績に基づいて認定証を授与しています。薬剤師には免許更新の制度がなくて、そのため研修を実施して客観的に証明するための制度として研修認定薬剤師があるのです。

薬剤師に免許更新の制度がないということは、大昔でも一旦薬剤師の試験を受けて合格すると、その後は勉強しなくても薬剤師の免許をはく奪されることはないということになるのです。しかし医学の世界も薬の世界もどんどん進化しているのですから、薬剤師でも常に知識を高めていかなければいけないのです。

認定薬剤師の中にはいろいろな種類があって、様々な認定薬剤師がいるのですが、認定薬薬剤師は薬剤師認定制度認証機構という機関が制度認定をしていて、13の機関が認証されていて、その他には日本病院薬剤師会や学会が認定制度を実施しているのです。そして特定の分野の専門家だということを認定する制度として有力なのが、日本病院薬剤師会が実施している認定薬剤師制度で、この中の1つが精神科薬物療法認定薬剤師なのです。精神科薬物療法認定薬剤師は精神科の分野に精通した知識を持っていると認められた薬剤師ということになり、精神科薬物療法認定薬剤師としての認定を受けるためには非常に厳しい制約があるのです。

精神科の分野で最先端を走る薬剤師になるためには、精神科薬物療法認定薬剤師になることをおすすめします。精神科薬物療法認定薬剤師になるためには、薬剤師の免許を持っていて、優れた見識を備えていることにはじまり、薬剤師としての実務経験が5年以上必要になり、日本病院薬剤師会などの定められた学会の会員でなければいけないということや、申請時には精神科の病院などに5年以上勤務していて、精神科薬物療法に直接従事していなければいけないとか、日本病院薬剤師会が認定する精神科領域の講習会と別に定める学会などの所定の講習会などで所定の単位を履修していることや、精神疾患患者への薬剤師管理指導の実績が50症例以上なければいけないなど、その他全ての規定を満たしていなければいけないのです。その分精神科薬物療法認定薬剤師として認定されることはその道のプロということになるということで、薬剤師としてはかなり誇り高きものなのです。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験