認定薬剤師とは

認定薬剤師とは

これまで、学部4年間を終了し、国家試験に合格すると薬剤師の資格取得ができましたが、数年前の制度変更により6年制になりました。医学と並んで薬学も日進月歩ということから、学ぶべきことも大幅に増え、今まで以上の知識も必要とされていることも制度変更の要因になっているのでしょう。そのような方向性は、薬剤師の生涯研修の必要性も含まれてきます。つまり、今までのように、国家試験をパスしたからそれで良いというのではなく、これからは、薬剤師としての専門性が問われることになります。

このような現象は、薬剤師に限ったことではありません。1級建築士などの国家資格においても、時代に呼応した専門性の生涯に渡っての継続研修が実施されているようです。民間認定の代表的な資格としての、臨床心理士や学校心理士などは、研修にポイント制度を設け、5年後の資格更新時に、必要なポイントが達成できなければ資格を返上しなければならないのですから、生涯研修の先駆けと言えるかもしれません。

薬剤師の場合は、生涯研修によって蓄積された能力、知識、適性を客観的に証明するための認定による資格証明書を受けることになります。
やはり、広く認めて貰うためには、客観的証明が必要になりますので、向上心のある方にとっては、たいへん励みになる制度と言えるのではないでしょうか。
先ほどは、異業種や民間認定などを例に挙げましたが、言うまでもなく、医師は以前から、個別専門的領域学会で自分の専門性を磨いてきました。近年では、看護師もその専門性に力を入れています。そのような中、文部科学省や厚生労働省から、薬剤師が継続的な研修を行うための環境づくりということが提案、要望され認定制度発足のきっ掛けとなったようです。

いずれにしても、医療の高度化により、薬剤師の役割も多様化している時代にあって、これまでにない作用機序を持つ医薬品が開発され、副作用などによる医療事故も多くなっている現状を鑑み、患者の安全面にも配慮された薬の投与設計が、重要な使命として薬剤師に嫁せられるのは当然のことかもしれません。特に、総合病院や専門病院などでは、認定もしくは専門薬剤師が、チーム医療の一員となって活躍するためには、専門知識を得るための研修が必須となります。
そのような、理想的な医療チームを創りあげるには、病院内での薬剤師の人数確保という難しい課題も多くあるようですが、質の良い医療を目指すための一歩を、今の薬剤師は担っているのでしょう。

(※)認定薬剤師の方で今の仕事状況に不満があり新しい転職先をお探しの方はは、まずはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師などの薬剤師転職サイトに登録されてみて下さい。認定薬剤師さんの求人は今非常に多く年収アップやキャリアアップなどの面で高待遇の案件が多数あります。まずは初回の簡単な登録は1分で完了しますので是非利用されてみて下さい。

<随時更新!>認定薬剤師求人サイト口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

※認定薬剤師求人サイトランキング2位以降はコチラをご参考下さい。
※長年の実績を持つリクルートグループのリクナビ薬剤師が1位を継続中です。
※入職後満足度が高いマイナビ薬剤師も大手で併せて人気が高いです。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 認定薬剤師求人ランキング【認定薬剤師に有利な転職サイト】 All Rights Reserved.
[認定薬剤師の種類] 精神科薬物療法認定薬剤師 抗菌化学療法認定薬剤師 認定実務実習指導薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師 研修認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 漢方薬・生薬認定薬剤師 緩和薬物療法認定薬剤師 救急認定薬剤師 プライマリケア認定薬剤師
スポーツファーマシスト 感染制御認定薬剤師 感染制御認定薬剤師の試験